ペアーズ(Pairs)は身バレ防止できないは嘘!安全な方法を伝授

  1. HOME >
  2. marriage >
  3. ペアーズ >

ペアーズ(Pairs)は身バレ防止できないは嘘!安全な方法を伝授

様々なメディアでも評判のペアーズ(Pairs)を婚活や恋活目的で試してみたいけど、身バレが心配で登録を躊躇している方はいませんか?

もしかしたら風のうわさで、「ペアーズでは身バレ防止ができない」と聞いたことがある方もいるかもしれませんね。

しかし結論から言うと、ペアーズには身バレ防止に必要な機能が多数用意されており、身バレせずに出会うことが十分可能です。実はペアーズでは、豊富なマッチングアプリの運営経験を活かし、どのような場面で身バレしてしまうのかを調査の上、日々改善を行っています。もっと言うと、その対策をしてきたからここまで利用者数を伸ばしてこれたとも言えます。

ただ鋭い方は、「身バレ対策出来る代わりに、マッチングすることが難しくなってしまうんじゃないの?」と思うかもしれません。もちろんバレない確率を上げれば上げるほど、反比例してマッチングの確率が下がってしまうことは否めませんが検索機能の利便性を大きく損なわずに身バレ対策をすることは、十分可能です。

本記事では、全員が必ずやった方がいい身バレ対策から、身バレする確率をゼロに抑えたい方向けの対策まで、幅広くご紹介していきます。

この記事を読むことで、身バレに怯えることなく、新しい恋愛への第一歩を踏み出せる様になりますよ!

 

この記事でわかること

①Pairs(ペアーズ)で身バレしてしまう理由4つ

②Pairs(ペアーズ)で誰でもできる身バレ対策6つ

③Pairs(ペアーズ)の身バレ対策上級者編

それでは、ペアーズで身バレが起こる理由とその対策について、詳細に説明していきますので、ご自身であればどこまで設定する必要があるか考えながら読み進めてみてください。

 

ペアーズ(Pairs)は国内最大級のマッチングアプリだから安心

ペアーズは、恋活・婚活マッチングアプリで利用者数ランキング日本1位を誇るアプリです。同じく20代、30代の年齢層を中心に人気の類似アプリ「タップル」「Omiai」「with」「tinder」などを抑えて、その利用者数はダントツです。

利用者数が多いということは、ある側面からみれば、”ユーザーの満足度が高いから拡まった”と考えることも出来ますし、「出会い」という極めてプライバシー保護が重要視されるジャンルであれば、この辺は慎重に評価されていると考えて良いでしょう。

よって、マッチングアプリを【プライバシーを守る】という観点で見たとき、利用者数が多いというのは最も大きな信頼の指標と言えます。どのような対策があるのかについては後述しますが、まずは「ペアーズなら安心」という心持ちで、ここから先を読み進めていただければと思います。

※1 累積登録者数も1,500万人を突破していると発表しており、名実ともに今日本で利用者が一番多いマッチングアプリと言えるでしょう。(MMD研究所xスマートアンサー「2021年マッチングサービ ス・アプリの利用実態調査」』より出典: https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1999.html) JAPAN billboard
※2出会える可能性が高い環境であることは間違いないですが、それ故に知り合いに見つかってしまう危険性も高いと思いますよね。マッチングのしやすさを取るのか、身バレのリスクが低いアプリを選ぶのか。。そんなお悩みを抱えている方のために、ペアーズでできる豊富な身バレ対策をお伝えします。(『ペアーズ公式HP』より出典:https://www.pairs.lv/)JAPAN billboard

 

 

 

 

マッチングアプリあるある?身バレしてしまう原因【4選】

マッチングアプリでの身バレは、アプリを使ったことがある方なら一度は感じる不安ですよね。

実際に、Twitter上でもこんな口コミを見つけました。

詳しくは後述しますが、身バレのリスクは様々なところに潜んでいますので、この方が言うように、プロフィールだけでも意外とバレます

そんなペアーズですが、アプリを使いこなすことで身バレを防ぐことは十分可能です。

そこで、プロフィールの設定や、検索時の注意事項、実際に知り合いを見つけてしまった場合など、確実に押さえるべきポイントについて、具体的に解説していきます。次からご説明するケースは本当に"あるある"なので、しっかりと事前に把握しておきましょう!

 

①居住地の情報でバレる

あなたがペアーズを使ってみたいと思っているということは、すぐ近くの知り合いが使っていても何ら不思議ではないですよね。

特に、ペアーズの「検索機能」では、居住地の情報を使うことが出来るのですが、近隣に住む知り合いがアプリを使っているのであれば、検索の範囲内に入って来て身バレしてしまうことは十分考えられます。アイコンに設定する写真が顔写真だったり、プロフィールの名前を見られるだけで、一発アウト!かもしれません。

また、少しレアケースですが、1回目のデートまで写真を交換していなくて、実際に会ってみたら知り合いだった!のような笑い話のようなパターンも可能性としてゼロではありません(笑)。

 

②プロフの内容でバレる

ペアーズの「検索機能」は非常に豊富で、趣味や年代、学歴などで検索することも可能です。なので、「まさか知り合いには合わないだろう・・・」とたかを括っていると、意外とバレます。近くに趣味が近い知り合いや学校が同じ同級生などがいたら注意が必要です。

 

③足あとでバレる

知らない人だと思って、間違って知り合いに足あとをつけてしまうことで身バレに繋がることもあります

相手側も身バレ対策を講じている可能性は十分にあり、知り合いと気付きにくい場合もあるので、自分からアクションをするときは細心の注意を払って行いましょう。

「足あと機能」は出会いを効率化する便利な機能ではありますが、同時に自ら身バレしに行ってしまう危険性も孕んでいるんです。

 

④ふと画面を見られてバレる

これは意外と盲点ですが、ネット上の身バレではなく、物理的にバレるケースです。

スマホを見ながら知人と話しているときに、通知が表示されてしまったり、ダウンロードしたアプリを画面上で見られてしまうことでアプリのユーザーであることがバレます。もちろんアカウント情報まではわかりませんが、もしアプリを使っていることがわかれば、家に帰って名前などでアカウント検索されてしまい、身バレするリスクもあるでしょう。

逐一通知をオフにするのを忘れてしまいそうな人は、あらかじめ通知をオフにしておくなど、ご自身の性格に合った方法で対策しましょう。

 

【必見】ペアーズ(Pairs)でできる6つの身バレ対策

それでは、実際にペアーズでできる身バレ対策を6つご紹介します。

勿論これらの対策は、「検索機能」の可能性を大なり小なり制限することにはなりますが、「自分がどのくらいならリスクを取っても良いか?」をよく考えた上で、なるべく多くの対策を講じておくことをオススメします。

①Facebookで登録する

身バレを防ぎたい場合は、必ずFacebook認証でペアーズに登録してください。

理由は、友達データが連携され、Facebook上の知り合いは検索結果から表示されなくなるからです。

この機能を逆手に取ると、絶対にバレたくない友人は、あらかじめFacebookで友達になっておくという手もあります。

もちろん、Facebookでログインすることで、ペアーズを登録したことが勝手に投稿されたりもしませんので、ご安心ください。

 

ちなみにペアーズに登録する方法は、以下の中から選択できます。

  • 電話番号(SMS)認証
  • メールアドレス認証
  • LINE認証
  • Apple ID認証(iPhoneの場合)
  • Facebook認証

 

②知り合いを見つけたら即ブロックする

ペアーズにはブロック機能がありますので、知り合いを見つけたら即座にブロックで対策しましょう。

ブロックをすることで、お互いが表示されなくなります。非表示の設定も選べますが、その場合はあなたから見えないだけで、相手からは検索すれば見えてしまいますので、必ずブロックの設定を選んでください。ちなみにこのブロック機能、一度行うとLINEのように解除はできませんので、誤って知り合いではない方をブロックしてしまわないように注意してください。

 

③ニックネームを使う

ペアーズでは、プロフィールの名前をニックネームで登録することが出来、ニックネームを使うことはペアーズではかなり一般的なので、身バレ防止のために積極的に活用しましょう。

ニックネームで登録することで、その由来を話題にして、楽しい雰囲気でメッセージを始めることも出来て一石二鳥ですし、本名よりも素早く相手との距離を縮めやすいというメリットもあります。

 

④「距離で検索」機能をオフ

「距離で検索」機能も使わないように注意してください。

「距離で検索」では、自分の位置情報を使って、周辺10km、30km、50km、100kmから相手を距離で検索でき、もしあなたの知り合いがこの機能を使っていたら、簡単に検索に引っかかってしまいます。

「その場合、家から近い人は検索出来なくなってしまうの?」という疑問が生まれると思いますが、実はこの機能を使わずとも、都道府県単位で検索することは可能ですし、安全です。

但し、どうしても近くの人をささっと検索したい場合は、一時的に距離で検索をオンにして使う方法もありです。その際、使い終えたらすぐにオフにすることを忘れないように気を付けましょう。

 

⑤「足あと設定」機能をオフ

足あとを残す設定もオフにしておくことが無難でしょう。

「足あと」機能をオンにしておくと、知り合いと気づかずにプロフを訪問してしまった時に、あなたの訪問記録が残ってしまい、相手に存在を認知されてしまいます。さらに、何かしら個人を特定できるような情報がプロフに入っていた場合、最悪、身バレします。

結論、「足あと機能」をオンにしておくと、小さなミスによって身バレするリスクがありますので、思い切ってオフにしてしまい、もし気になる人がいたら「いいね!」をして存在を認識してもらう作戦が最も安全と言えます。

 

⑥顔写真は仲良くなってから公開

身バレ防止策として最強なのは、やはりプロフに顔写真を設定しないことです

しかし、安全を取る分、マッチングアプリを最大限活用出来ないという側面も出て来ます。

例えば、あなたもアプローチする立場になると分かるかと思いますが、顔写真を設定していない異性へのアプローチは、普通はためらってしまいますよね?連絡を取ったり、会ってみた時に自分の好みの顔じゃないとがっかりしてしまいますからね。

なので、もし身バレ対策の為にプロフ写真を顔写真にしない選択をした場合は、プロフなどで、顔写真を交換できることをしっかり伝えることをオススメします。写真を送るタイミングは、"相手が知り合いでないことを確認できたら"にすれば、身バレするリスクもなくなるので、安心ですよね。

この対策は安全度は最上級ですが、アプローチのされにくさも最上級になってしまうので、「知り合いに見つからない努力」と「知り合いじゃない人に見つけてもらう努力」の最も良いバランスを模索していきましょう。

 

 

【有料プラン】更に安心できる身バレ対策!

ここまで紹介してきた身バレ対策は無料で実施できる内容でした。

ですが、ペアーズでは、もっと安心が欲しい方が使える有料アイテムも提供されていますので、「お金をかけてでも安心を買いたい!」とい人は是非お読みください

 

ぺアーズ(Pairs)「プライベートモード」の機能

ペアーズの究極の身バレ対策は、プライベートモードを導入することです。

プライベートモードを導入することで、あなたがアクションを起こさない限りは、アプリの中で身バレすることは絶対にありません。何故なら、自分から「いいね!」を押した人しか、あなたのプロフィールを閲覧することはできない仕様となるからです。プロフィールを公開しておくと検索経由で異性から「いいね!」をされるメリットはありますが、プライベートモードでも、気になる異性には「いいね!」をすれば認知してもらえますので、"出会えないリスク"もありません。ある意味"変な人"もよって来なくなるセキュリティ的な面も確保出来て、一石二鳥ですね。

慎重派の方はプライベートモードを導入し、相手のプロフィールをじっくり観察して、知り合いではないという確信が持てる方にのみ「いいね!」を押していきましょう。

 

その他、プライベートモードの特徴の詳細は以下の通りです。

  • 1ヵ月のお試しは、月額料金2,480円(税込)から利用可能
  • 足あと機能は同時にオフになるので、安心して検索できる
  • プライベートモードのオンオフは設定画面から操作可能
  • 契約は自動更新。継続しないとき、ペアーズを退会するときの解約を忘れないように注意

 

 

 

まとめ〜身バレせずに安心なペアーズ(Pairs)ライフを〜

ペアーズは、無料でも十分な身バレ対策ができます

本記事ではペアーズの機能面での身バレ対策を中心に紹介しましたが、スマホの通知設定やアプリの置き場所に注意など、物理的な身バレ対策もしっかり行うことをオススメします。

 

最後にもう一度、アプリ内の身バレ対策として、本記事でご紹介した6つの内容をまとめておきます。

  • Facebookで登録をする
  • 知り合いを見つけたら即ブロックする
  • ニックネームを使う
  • 「距離で検索」機能をオフ
  • 「足あと設定」機能をオフ
  • 顔写真は仲良くなってから公開

また、金銭的に余裕がある方は、プライベートモードの導入も検討してみましょう。

相手が知り合いでない確証を得られた時にのみ「いいね!」することで、アプリ内の身バレの可能性をゼロにできます

 

以上の身バレ対策を駆使して、安心してペアーズで恋人や将来の結婚相手を探しましょう!